横浜市議会議員 大山しょうじ

立憲民主党

自己紹介

経歴など

昭和43年
4月10日電気工事店を営む大山勇・俊子の長男として生まれる。職人肌の父からは、正直に生きろ、人様の役に立つ人になれと教えられた。
昭和62年
京都外国語大学外国語学部英米語学科入学
平成2年
大学を休学し、 英国ボーンマスの青少年身体障害者施設でボランティア。日本人はただ1人という環境の中、英語、福祉を学びながら介助、介護にあたる。
平成4年
京都外国語大学外国語学部英米語学科卒業
同年
京都市立洛西中学校勤務(英語科教諭)。2年生の担任。ワンダーフォーゲル部顧問。(写真は中学の教諭時代 24歳のころ)その後、教師としてのやりがい、楽しさもあったが、英語の技能を磨き、さらに人間的な幅も広げたいと、海外での勤務を希望。
平成5年
外務省在外公館派遣員試験合格。在英国日本大使館(ロンドン)勤務。日本から来る国会議員や政府関係者との接遇等を担当する。この間、英国から日本を見て、政治への問題意識が大きく膨らむ。写真はロンドンの大使館時代スタッフと27歳のころ。どこの国の人とも仲良くなれた。訪れた国は20か国以上
平成15年4月
12,450名もの多くの皆様からお力をいただき横浜市議会議員、初当選
常任委員会:市民建築委員会 委員
特別委員会:大都市行財政制度特別委員会 委員
平成16年5月
常任委員会:福祉衛生環境保全委員会 委員
特別委員会:情報化社会推進・危機管理対策特別委員会 委員
平成17年5月
常任委員会:道路消防委員会 委員
特別委員会:青少年・市民スポーツ特別委員会 副委員長
平成18年5月
常任委員会:環境創造・資源循環委員会 委員
特別委員会:交通問題対策特別委員会 委員
平成19年4月
17,932名もの多くの皆様からお力をいただき横浜市議会議員、2回目の当選
平成19年5月
常任委員会:市民活力推進・教育委員会 副委員長
特別委員会:少子・高齢化社会特別委員会 委員
平成20年5月
常任委員会:こども青少年・健康福祉・病院経営委員会 委員
特別委員会:生活安全・危機管理・消防・情報化社会特別委員会 委員長
平成21年5月
常任委員会:市民活力推進・安全管理委員会 委員長
特別委員会:国際文化都市特別委員会 委員
平成22年6月
常任委員会 経済観光・港湾委員会 委員
特別委員会:都心部活性化特別委員会 委員
平成23年4月
11,030名もの多くの皆様からお力をいただき横浜市議会議員、3回目の当選
平成23年5月
常任委員会:市民・文化観光・消防委員会 委員
特別委員会:安全安心都市特別委員会 委員
平成24年5月
常任委員会:健康福祉・病院経営委員会 委員
特別委員会:基地対策特別委員会 委員
その他  :市会運営委員会 副委員長
平成25年5月
常任委員会:健康福祉・病院経営委員会 委員長
特別委員会:観光・創造都市・国際戦略特別委員会 委員
平成26年5月
常任委員会:温暖化対策・環境創造・資源循環委員会 委員
特別委員会:減災対策推進特別委員会 委員
その他 :神奈川県内広域水道企業団議会議員
平成27年4月
10,710名もの多くの皆様からお力をいただき横浜市議会議員、4回目の当選
平成27年5月
常任委員会:建築・都市整備・道路委員会 副委員長
特別委員会:大都市行財政制度特別委員会 委員
その他:市会運営委員会 理事
平成28年5月
常任委員会:建築・都市整備・道路委員会 委員
特別委員会:減災対策推進特別委員会 委員長
平成29年5月
常任委員会:政策・総務・財政委員会 副委員長
特別委員会:健康づくり・スポーツ推進特別委員会 委員
平成30年5月
常任委員会:温暖化対策・環境創造・資源循環委員会 副委員長
特別委員会:新たな都市活力推進特別委員会 委員